映画感想「風のたより」

彦根上映会

上映日 2016年6月4日
会 場 ひこね市文化プラザ メッセホール(滋賀県彦根市)
主 催 「風のたより」上映実行委員会

 
画像がとてもきれいで美しかったです。音楽もとても良かった。
ラムヤートの人の食卓風景がすてきでした。
「今晩の夕食を整えるのに全力だった」「今晩というより毎日でしょ」
こんなやりとりがあったと思います。印象的でした。
3.11の困難な状況に中で日常から希望を感じる終わり方で力が湧きました。
(疲れていたのでちょっとねてしましました。ごめんなさい。)

(女性) 

震災から時がたつにつれ、その時の思いを忘れていきます。
久しぶりにまた色々思い出しました。
原発問題は奥が深いですね。
私なりにできることをしていきたいと思います。

 

自然の中に生かされているという感謝を忘れている人達にこそ見てほしい作品です。
自然そのままで生きていくのは簡単ではありませんが、理想的な生活が描かれています。
中途半端かもしれませんが、真似できる部分は精神的なところも含めて自分の生き方に取り込んでいきたいと思いました。
すべての悪いものを排除するのは難しいですが、選ぶことが大切なんだと
出演のご家族が教えてくださったと感じました。

 

若者の自然との共生と平和を願いがよく分かる映画であった。
草刈りのため私も3年前まで5年間ヤギを飼っていました。
多賀町の冬は若狭湾の偏西風がキツクまさに福島における飯館村の状況を感じます。
風は自然の風、人の風もあります。平和の風をふかして下さい。

(67歳・男性)

楽しく観ました。
子供達の動き、親の対応、なつかしく感じました。

 

自然の中でゆったりと子育てしてらっしゃる若い方の生活を(本当は忙しいのでしょうが気持ちを大きくもって)ほほえましく見させていただきました。
子育て中の若い同世代の方がご覧になるといいなあと思いました。

(69歳)

意図はわかるけど少し長いように思いました。もう少ししぼって端的に表しても良いのでは。

(82歳・女性)

原発反対、日常生活の中でのドキュメンタリー、良かったです。
ますますの活躍を期待しています。

(69歳・男性)